疲労度測定器

疲労度測定器「ビアンカ」がバージョンアップしました。
ビアンカは一対の電極[+、−]を、額、手の平、足の裏[内臓皮膚反射ポイント]に装着し、殆ど体感のない微弱な交流パルスを流し、その反応より、スト
レスによる反射神経の変化や血行の変化を把握し、そこからストレス指数を割り出すという、大変画期的なストレス測定機器です。パンフレットをダウン
ロードできます。

2017年2月に左側のBK−510は生産終了になりました。右側のメンタルボイススマイルのみの取扱になります。
疲労度測定器ビアンカPDF
トップへ
トップへ
戻る
戻る